財団法人梅ヶ枝中央きずな基金

私たちの活動報告

きずな保護者の会 世話人会議

ニュース

6月10日、当基金の関係者が経営されているレストランを借り切り、以前行ったアンケートの結果正式に立ち上げることとなった「きずな保護者の会」発足の第一歩となる世話人会議を開催いたしました。

 

今回は保護者の会発足に先立ちまして、アンケートで運営に協力するとのお返事をくださった保護者の方々から26名がご参加くださり、これからの運営について話し合いました。

この話し合いで9名の方が世話人に立候補され、会の中心となってくださることとなりました。

 

今後のスケジュールや企画については、世話人となった方々がこれから検討していってくださいます。基金で出会った保護者同士の新しい輪が広がっていくようで楽しみに思います。

 

 

 

 

 

お食事会では、普段はなかなか人に話せないような、家庭や子ども、ご自身のことを保護者同士でおしゃべりしたことでリフレッシュできたり、いろんな境遇の方がいること、皆がそれぞれひとり親として日々頑張っておられるということが実感でき、ご自身の励みになったりと、有意義な時間を過ごせたようです。

 

今回緊急事態宣言中ではありますが、換気やアルコール消毒、全席へのパーテーションの設置など感染対策をしっかりと行ってくださったレストランとスタッフの皆様、感染予防にご協力いただいた保護者の皆様のおかげで、無事に世話人会議を開催することができました。

 

きずな保護者の会が、日々お仕事や育児でご多忙にされている保護者の皆様のお力となれるように、私たちきずな基金もサポートしていきます。