財団法人梅ヶ枝中央きずな基金

私たちの活動報告

第11回交流会

ニュース

8月20日、当基金の第11回交流会を行いました。

 

当基金の交流会では、各方面からゲストをお迎えして講演をしていただいています。

同じ学年の人と知り合ってもっと話をしたかった。先輩にも聞きたいことがたくさんあった。交流会ではそんな時間が欲しかったという卒業生たちの意見をもとに、今回は趣向を変えてみることにしました。

 

 

学年別にテーブルに座り、自己紹介からスタートしました。そこに卒業生達も加わり、はまっていること、好きな食べ物や芸能人の話をしているうちに、各テーブルから笑い声が聞こえてきました。

ひとり親家庭の子どもであることで、日頃、まわりからの無用な気遣いにつらい思いをしていること。寂しい思いをしていること。お金のことで親に迷惑かけたくないこと。

当基金で知り合った友達とは、そんな悩みを気兼ねなく話すことができるそうです。

 

保護者の方々には、別室に集まっていただきました。

来年から始まる国の修学支援制度等について当基金の役員らよりお話しがありました。また、保護者たちもグループに分かれ、自己紹介からスタートして、日頃抱えている悩み等を話し合って頂きました。

お母さんたちの頑張りや、不安が伝わってきました。

 

 

子どもたちも、お母さんたちも、ここで友達を作ってくれたら嬉しいです。